忍者ブログ
コスメといえば、スキンケア、メイクアップ。 通販と言えば、送料無料、ポイント10倍、50%オフ、話題の人気、バーゲンプライス、セール。コスメ通販のお得な情報や、限定通販コスメをご紹介中!
AdminRes
<< 04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    06 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



- 縮毛矯正とストレートパーマの大きな違いは「熱」にあります。-

1剤でシスチン結合を切り、2剤でつなげるという基本的な原理は、縮毛矯正もストレートパーマも一緒です。

ただ、縮毛矯正はストレートパーマよりも強く軟化させることや、熱を作用させるので、薬剤レベルや、施術方法、技術レベルなどによって髪に及ぼすダメージの度合いも大きく変わります。

髪が硬くごわついてしまうのは、熱を加え過ぎたことが原因します。

●「熱」は矯正の効果が長持ちするキーポイントでもあるんだけど...

- 熱は縮毛矯正の成功のカギを握っている。-

アイロンタイプにしても、ブロータイプにしても熱が弱過ぎれば、くせの戻りが出てきたりします。

逆に、過剰に熱が加わると、髪の中の更に内側のフィブリルタンパクまでも結晶化させてしまいます。

つまり、縮毛矯正の成否は熱によるダメージと隣り合わせにあるのがわかりますよね。

ある範囲の熱が加わって結晶化したタンパク質は規則的に並ぶ性質を持っているので、この特性と「シスチン結合の還元と酸化」を使ってストレートな髪を実現するのが一般的な縮毛矯正といえます。

熱によって変化したタンパク質は元の形には戻りにくいため形状が持続するという仕組みです。






PR
    HOME    

Powered by Ninja Blog    photo by P*SWEET    icon by Egg*Station    template by Temp* factory

忍者ブログ [PR]
フリーエリア